ビジネス英語について知る

ビジネスシーンにおける英会話には、日常生活で使用する英会話とは少し異なる側面が見られます。
グローバルなビジネスシーンで成功するためには、ビジネス英語について知ることは非常に重要です。

ビジネス英語とは何か

英会話に興味がある方の中には、ビジネス英語と日常英語の2つにどのような違いがあるのか、気になっている方も多いと思います。実はビジネス英語と日常英語に明確な違いは特にありません。

基本的に、日常英語の延長線上にある丁寧な表現をビジネス英語と言います。ただ、ビジネス英語で使用する単語には専門用語が含まれることが多く、また、少々複雑な表現が使われるケースも多々見られます。

ビジネス英会話で気をつけたい表現

質問する時

相手に何か質問する時には「what」を思い浮かべる方は多いと思いますが、「what」を使った表現はあまり丁寧な印象を相手に与えません。そのため、ビジネスシーンでは「May」や「Could」などを使った表現を心掛けることが重要です。

同じ意味を持っていても、その英単語により微妙なニュアンスの違いがあります。効率の良い学習法も重要ですが、仕事で英語を活かすには、それぞれのニュアンスの違いをしっかりと把握しておく必要があるのです。

上司にMr.は必要?

日本では敬称をつけて相手に声をかけることがよくありますが、英語圏においては上司や部下の間柄でも、基本的にお互いファーストネームで呼ぶことが一般的です。敬称をつけて呼ぶと、よそよそしい印象を与える可能性があります。そのため、敬称をつけるかつけないかは、臨機応変に対応されることをおすすめします。

オリジン英会話では、授業専用ソフトを使ったオンラインレッスンを行っています。
個人向けレッスンはもちろん、法人向けのプログラムもご用意しています。質の高いレッスンを提供するために、オリジン英会話のレッスンは担任制となっています。

英会話には様々な上達法がありますが、実際に英語を使うことも上達に欠かせません。
英語を使う機会を増やしたい、オンラインの英会話スクールを利用したいという方は、オリジン英会話のサービスをお役立てください。